碑に刻まれた 少年史

bakumatsucolumn1_head

四境戦争が休戦となってもなお国境、岩国の緊張は続いた。
そして、少年たちに悲劇は起きた。

少年たちの訓練

 第二次長州出兵(四境戦争)が休戦となった後の慶応2年(1866)11月18日、あと1年ほどで明治を迎えようとしていた頃の出来事。
 休戦とは言え、いつまた幕府軍たちが攻めてくるかも知れない。国境の地、岩国にはまだ、そんな緊張が張り詰めていた。
 岩国藩士の子弟、14歳から8歳の三十数人(藩校素読寮生)は、火攻めの遊戯(訓練)をするため、岩国山の伊勢ヶ岡に登った。そこには敵を迎え撃つための藩の砦が築かれている。
 丘に着くと、さっそく少年たちは火を着けるための茅を集めた。そして、最年少だった8歳の山県幸輔に刀を預けた。もちろん幸輔も訓練に参加したかっただろう。しかし、この訓練には幼すぎる。武士の魂である刀の番をすることも大切な役割だと諭された。

煽られた炎

 茅に火が着けられて、いよいよ訓練が始まった。そして、誰も想像しなかった展開に…。突然吹いた風にあおられて、火が四方に燃え移ってしまったのだ。藩の砦に燃え移っては一大事。少年たちは必死で消火しようとしたが、燃え盛る炎は少年たちをも飲み込んだ。
 幸いにも砦への類焼は避けることができた。しかし、その代償は余りにも大きく、16名の少年の命が奪われた。そのなかに、8歳の幸輔も…。その幼い身体で仲間の魂も同然の刀を大事に抱いたまま、伏して焼死していた。
 生き残った年長者のうち4名は、自刃によって責任をとろうとしたが、大人たちの慰めと説得により、思いとどまったという。

 火災から50周年に当たる大正4年(1915)、素読寮の同窓生有志によってこの史実は石碑に刻まれ、幸輔らは永遠になった。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ)群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ) 住所:山口県岩国市岩国5-2
  • 柱島柱島 島の概要 風光明媚な瀬戸内海の波間に浮かぶ柱島群島の12の島々。 このうち「柱島」「端島」「黒島」の3島が有人の島です。 岩国市新港町にある岩国港から高速艇で約1時間。 3島あわせても人口250人あまり […]
  • 仙鳥館(せんちょうかん)仙鳥館(せんちょうかん) 始めは仙鳥屋形と称し、元禄11(1698)年、岩国5代領主の吉川広逵(きっかわひろみち)幼時の居所として建てられ、以降は代々藩主幼時の居所に充てられました。 12代領主経幹(つねまさ)、13代領主経健(つねたけ)も仙 […]
  • 陶芸体験 アートの郷 陶芸 薪窯研究所陶芸体験 アートの郷 陶芸 薪窯研究所 自然に囲まれた歴史ある山間の寺「通化寺」境内に気楽に陶芸を体験できる教室「アートの郷 陶芸 薪窯研究所」のご案内です。 自然に囲まれた環境で季節を感じながら、陶芸制作体験を楽しめます。 初めての方でも丁寧にサポ […]
  • ぎゅっと岩国2016秋冬号 山代(錦町・河内)ぎゅっと岩国2016秋冬号 山代(錦町・河内) 岩国市で最も自然豊かなエリア。自然の食、景色を楽しむにはココが一番! パンと農園 […]
  • 国穏寺(こくおんじ)国穏寺(こくおんじ) 山代神威隊の屯所が置かれた場所です。 高杉晋作の決起によって藩政が武備恭順に変わり、藩内で諸隊が結成されました。 山代では神官による諸隊を結成。 その一つ神威隊は芸州口の戦いで幕軍を退ける活躍をしました。 […]