碑に刻まれた 少年史

bakumatsucolumn1_head

四境戦争が休戦となってもなお国境、岩国の緊張は続いた。
そして、少年たちに悲劇は起きた。

少年たちの訓練

 第二次長州出兵(四境戦争)が休戦となった後の慶応2年(1866)11月18日、あと1年ほどで明治を迎えようとしていた頃の出来事。
 休戦とは言え、いつまた幕府軍たちが攻めてくるかも知れない。国境の地、岩国にはまだ、そんな緊張が張り詰めていた。
 岩国藩士の子弟、14歳から8歳の三十数人(藩校素読寮生)は、火攻めの遊戯(訓練)をするため、岩国山の伊勢ヶ岡に登った。そこには敵を迎え撃つための藩の砦が築かれている。
 丘に着くと、さっそく少年たちは火を着けるための茅を集めた。そして、最年少だった8歳の山県幸輔に刀を預けた。もちろん幸輔も訓練に参加したかっただろう。しかし、この訓練には幼すぎる。武士の魂である刀の番をすることも大切な役割だと諭された。

煽られた炎

 茅に火が着けられて、いよいよ訓練が始まった。そして、誰も想像しなかった展開に…。突然吹いた風にあおられて、火が四方に燃え移ってしまったのだ。藩の砦に燃え移っては一大事。少年たちは必死で消火しようとしたが、燃え盛る炎は少年たちをも飲み込んだ。
 幸いにも砦への類焼は避けることができた。しかし、その代償は余りにも大きく、16名の少年の命が奪われた。そのなかに、8歳の幸輔も…。その幼い身体で仲間の魂も同然の刀を大事に抱いたまま、伏して焼死していた。
 生き残った年長者のうち4名は、自刃によって責任をとろうとしたが、大人たちの慰めと説得により、思いとどまったという。

 火災から50周年に当たる大正4年(1915)、素読寮の同窓生有志によってこの史実は石碑に刻まれ、幸輔らは永遠になった。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ)群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ) 住所:山口県岩国市岩国5-2
  • 岩国の志士、東沢瀉(ひがし たくしゃ)岩国の志士、東沢瀉(ひがし たくしゃ) 陽明学を学び、尊皇攘夷の情熱に突き動かされて行動し、獄に繋がれた。 その獄中にあっても、子弟に教育を施した。 まるで吉田松陰のような人物が、幕末の岩国にもいたことを知る人は少ない。 その名は東沢瀉。「西の松陰 […]
  • 岩国藩の活躍と悲願成就岩国藩の活躍と悲願成就 明治維新を成した長州藩の輝かしい活躍の陰で、岩国は長州藩の危機を救った。 それは家格の復活を遂げたい吉川家再興の物語でもある。 家格の問題 幕末から遡ることおよそ250年、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いか […]
  • 松陰、小瀬川での別れ松陰、小瀬川での別れ 長州藩の東端にある岩国・小瀬川。ここは陸路で旅をする長州藩士にとって、 […]
  • たった2年の 偉大な学校 岩国英国語学所たった2年の 偉大な学校 岩国英国語学所 藩主の英断  新たな時代の幕開け、明治4年(1871)、岩国藩は人材育成の重要性から、藩校養老館の精神を引き継ぐ藩立岩国学校を開設した。小学、中学に加え語学、女学、医学を備える先駆的な体制だった。しかし、問題が一 […]
  • 岩国幕末紀行岩国幕末紀行 外国に開国を迫られ揺れる幕府と諸藩。そのなかにあって長州藩は尊皇攘夷運動の先頭に立ち、ついには明治維新を成し遂げます。その眩い偉業の陰には、岩国ゆかりの志士たちの活躍がありました。 第一次長州出兵の戦を食い止めた […]