群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ)

gunjishoukonhi_0059

【所在地】〒741-0062 山口県岩国市岩国5丁目2

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 西照寺(さいしょうじ)西照寺(さいしょうじ) 第二次長州出兵のときには、僧侶もまた隊を組んで戦っています。 西照寺は山代の僧侶により編成された偕行団の屯所が置かれた場所です。 階行団は歩兵部隊と大砲部隊からなり、芸州で幕府軍と戦闘し、撃退しています。 【 […]
  • 城山(しろやま)城山(しろやま) 第二次長州出兵の際、万一岩国の城下で戦闘になった時に備え、 城山山頂には陣屋が築かれました。 万一の場合、城を枕に決死の覚悟で抗戦し、萩本藩の援軍を待つ作戦だったとされています。 【所在地】〒740-00 […]
  • 国穏寺(こくおんじ)国穏寺(こくおんじ) 山代神威隊の屯所が置かれた場所です。 高杉晋作の決起によって藩政が武備恭順に変わり、藩内で諸隊が結成されました。 山代では神官による諸隊を結成。 その一つ神威隊は芸州口の戦いで幕軍を退ける活躍をしました。 […]
  • 福城寺(ふくじょうじ)福城寺(ふくじょうじ) 第二次長州出兵の際、藩主夫人や古文書類の避難場所となりました。 吉川経幹は征長軍を岩国城下で迎え撃つ覚悟であったと言われ、夫人や古文書類を南河内にある福城寺に避難させていることからも経幹の覚悟がうかがえます。 […]
  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 明治25(1892)年に旧岩国藩公と藩の有志により吉香神社内に建てられた、岩国三士(栗栖天山(くりすてんざん)・南部五竹(なんぶごちく)・東沢瀉(ひがしたくしゃ))の活躍を伝える碑です。 天山は沢瀉と必死組(後に精義 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]