群児招魂碑(ぐんじしょうこんひ)

gunjishoukonhi_0059

【所在地】〒741-0062 山口県岩国市岩国5丁目2

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 妙覚院(みょうかくいん)妙覚院(みょうかくいん) 南部五竹(なんぶごちく)が斬首された場所。 五竹は東沢瀉(ひがしたくしゃ)、栗栖天山(くりすてんざん)と並び三士と称されます。 沢瀉、天山が柱島に流罪になった時、沢瀉の救出と奇兵隊への呼応を諮るが未然に捕らえられ、 […]
  • 城山(しろやま)城山(しろやま) 第二次長州出兵の際、万一岩国の城下で戦闘になった時に備え、 城山山頂には陣屋が築かれました。 万一の場合、城を枕に決死の覚悟で抗戦し、萩本藩の援軍を待つ作戦だったとされています。 【所在地】〒740-00 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]
  • 福城寺(ふくじょうじ)福城寺(ふくじょうじ) 第二次長州出兵の際、藩主夫人や古文書類の避難場所となりました。 吉川経幹は征長軍を岩国城下で迎え撃つ覚悟であったと言われ、夫人や古文書類を南河内にある福城寺に避難させていることからも経幹の覚悟がうかがえます。 […]
  • 国穏寺(こくおんじ)国穏寺(こくおんじ) 山代神威隊の屯所が置かれた場所です。 高杉晋作の決起によって藩政が武備恭順に変わり、藩内で諸隊が結成されました。 山代では神官による諸隊を結成。 その一つ神威隊は芸州口の戦いで幕軍を退ける活躍をしました。 […]
  • 赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち)赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち) 赤禰武人は天保9(1838)年、柱島の医者の長男として生誕。 師の梅田雲濱(うめだうんぴん)が安政の大獄で投獄されたとき、その救出策を吉田松陰から授かりますが、実行に至らず。 松陰は武人の才能を大いに認めながらも、 […]