吉川家墓所(きっかわけぼしょ)

bosyo_01bosyo_02

 

岩国吉川(きっかわ)家初代広家(ひろいえ)から、6代経永(つねなが)を除く12代経幹(つねまさ)までの当主及び一族の墓が、51基立ち並んでいます。
常に濃い緑に囲まれた墓所は、静けさに包まれた特別な空間で、訪れる人々に深い感慨を抱かせます。


内部は、広家や経幹が眠る「山のお塔」、3代広嘉(ひろよし)や4代広紀(ひろのり)などの眠る「寺谷のお塔」に分かれ、塀が廻らされてそれぞれの墓域を囲んでいます。
墓石の多くは五輪塔で、藩主及び夫人の墓石は高さ3.5メートルを越え、石造文化財として見るべきものがあります。
bosyo_03
墓地の中心は吉川広嘉の墓で、広嘉とその近親の墓である5基の五輪塔が、横一列に配置されています。

木菟の手水鉢(みみずくのちょうずばち)

bosyo_04広島藩浅野家の家老で茶人の上田宗箇(うえだそうこ)から、枝垂れ桜の返礼として、寛永2(1625)年に広家に贈られた手水鉢。高さ143センチメートルで、表側に木菟が浮き彫りにされており、手水鉢の彫刻モチーフとして木菟はとても珍しいとされています。

誰が袖の手水鉢(たがそでのちょうずばち)

bosyo_05江戸時代初期の茶人である小堀遠州(こぼりえんしゅう)の子孫・小堀正明が、経幹に贈ったと云われる手水鉢です。
場所は参道の山道を30メートルほど入った「山のお塔」区域。吉川経幹の墓域のすぐ側にあります。

【所在地】〒740-0081 山口県岩国市横山1丁目256-2

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉川史料館吉川史料館 【お知らせ】  平成29年12月25日~平成30年2月10日までの期間、空調工事の為休館いたします。 吉川史料館(昌明館) 国宝【太刀 銘為次(狐ヶ崎)】 国指定 重要文化財 書跡【吉川元春筆 […]
  • 錦帯橋(きんたいきょう)錦帯橋(きんたいきょう) 錦帯橋は国指定の名勝であり、日本を代表する木造橋です。 延宝元(1673)年、岩国3代領主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が現在の橋の原型となる木造橋を架けましたが、錦川の洪水によりすぐに流失しました。 しかし、 […]
  • 岩国城岩国城 岩国城は、初代岩国領主吉川広家(きっかわひろいえ)によって慶長13(1608)年に作られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山に位置していました。 三層四階の桃山風南蛮造りでしたが、築 […]
  • 岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん)岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん) 岩国学校は、明治3(1870)年に岩国2代藩主吉川経健(きっかわつねたけ)が藩の青少年を教育するため学制の大改革を行い、旧兵学校と文学校を公中学・公小学に組織を改めて現在地近くに新築したもので、翌明治4(1871)年2 […]
  • 岩国徴古館岩国徴古館 吉川報効会が昭和17(1942)年9月に起工し、終戦直前の昭和20(1945)年3月に竣工。 戦時下に、建設、運営が行われた博物館。昭和26(1951)年、岩国市に寄贈されました。 建築工学、音響学で優れた才能を発 […]
  • 宇野千代生家宇野千代生家 宇野千代 女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。 昭和22年〜23(1947〜1948)年にかけて「中央公論」に発表された「おはん」は、岩国を舞台にした名作で、宇野文学の白眉といわれています。 野間 […]