吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ)

shouin_0220松陰は安政の大獄によって江戸に護送される際、
防長惜別の地である小瀬の渡場で歌を詠んだといわれています。
渡場があった川原のすぐ近にく、歌が刻まれた石碑が建ちます。

【所在地】〒741-0091 山口県岩国市小瀬



関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ)吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ) 関戸は山陽道の本陣が置かれた宿場町。 本陣跡近くには松陰が当地で詠んだ詩を刻んだ碑があります。 「美哉山河是国宝何以守之親与賢」。 これは、中国の故事を引用し、毛利家と吉川家が手を結ぶことを願った詩といわれていま […]
  • 吉田松陰宿泊の地 (よしだしょういんしゅくはくのち)吉田松陰宿泊の地 (よしだしょういんしゅくはくのち) 山陽道筋で毛利本藩と岩国藩の境であることから、岩国市の高森に本陣が置かれました。 吉田松陰は本陣近くに宿泊したと伝えられています(写真左は江戸からの護送時に泊まった宿があった所。写真右は松陰と縁深い岩本家があった所) […]
  • 松陰、小瀬川での別れ松陰、小瀬川での別れ 長州藩の東端にある岩国・小瀬川。ここは陸路で旅をする長州藩士にとって、 […]
  • 沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち)沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち) 岩国三士の一人、東沢瀉(ひがしたくしゃ)が後進の指導のために開いた塾の跡地です。 現在、跡地には記念館が建てられ、当時の学舎などの位置図が掲示されています。 かつては5つの学舎や講堂、沢瀉の自宅が立ち並び、多くの学 […]
  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 明治25(1892)年に旧岩国藩公と藩の有志により吉香神社内に建てられた、岩国三士(栗栖天山(くりすてんざん)・南部五竹(なんぶごちく)・東沢瀉(ひがしたくしゃ))の活躍を伝える碑です。 天山は沢瀉と必死組(後に精義 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]