小田村 伊之助(文助、楫取素彦)

(おだむら いのすけ・ぶんすけ、かとりもとひこ)
odamura
伊之助は吉田松陰の妹・寿と結婚。
松陰亡き後は萩藩主・毛利敬親の側近として外交を担当。
岩国藩へ訪問し、藩主・吉川経幹へ協力を求めるなど、萩本藩と岩国藩を取り持つ重要な役割を果たした。
維新後、初代群馬県令となり、地場産業だった養蚕を近代的な産業に発展させている。
妻・寿の病死後、その妹・文と再婚。大正元年(1912)に84歳で逝去した。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 月性(清狂)月性(清狂) (げっしょう、せいきょう) 文化14年(1817)、遠崎(現・柳井市大畠)の妙円寺(浄土真宗西本願寺派)に生まれ、九州、江戸に学び海防策、倒幕論を各地で唱えた。その思想は吉田松陰、久坂玄瑞、高杉晋作らに影響を与え […]
  • 毛利 敬親(もうり たかちか)毛利 敬親(もうり たかちか) 長州藩の第13代藩主。若い才能を庇護し、有能な家臣を登用。困窮する長州藩を盛りたてた。 下級武士の子で年下の吉田松陰から学んだという逸話がこれを裏付ける。 家臣に「うん、そうせい」と返答することが多く、「そうせ […]
  • 松陰、小瀬川での別れ松陰、小瀬川での別れ 長州藩の東端にある岩国・小瀬川。ここは陸路で旅をする長州藩士にとって、 […]
  • 長州を救った 吉川経幹(きっかわ つねまさ)長州を救った 吉川経幹(きっかわ つねまさ) 長州に迫る危機  文政12年(1829)9月3日、第11代岩国藩主・吉川経章の子として生まれた経幹は、弘化元年(1844)、16歳で家督を相続した。その3年後の弘化4年(1847)には将来を見据え、文教の重要性か […]
  • 岩国幕末紀行岩国幕末紀行 外国に開国を迫られ揺れる幕府と諸藩。そのなかにあって長州藩は尊皇攘夷運動の先頭に立ち、ついには明治維新を成し遂げます。その眩い偉業の陰には、岩国ゆかりの志士たちの活躍がありました。 第一次長州出兵の戦を食い止めた […]
  • 松陰の兄、杉梅太郎(民治)松陰の兄、杉梅太郎(民治) 激情家で実践派の弟と、温和で慎重派の兄。この二人は大変仲が良かったという。 弟の維新の志が成就した後、兄は民の暮らしに役立つ数々の仕事を成した。 山代(岩国市北部・本郷・錦・美川・美和 […]