吉田松陰宿泊の地 (よしだしょういんしゅくはくのち)

shouin_0330shouin_0313山陽道筋で毛利本藩と岩国藩の境であることから、岩国市の高森に本陣が置かれました。
吉田松陰は本陣近くに宿泊したと伝えられています(写真左は江戸からの護送時に泊まった宿があった所。写真右は松陰と縁深い岩本家があった所)。

【所在地】〒742-0423 山口県岩国市周東町下久原

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ)吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ) 関戸は山陽道の本陣が置かれた宿場町。 本陣跡近くには松陰が当地で詠んだ詩を刻んだ碑があります。 「美哉山河是国宝何以守之親与賢」。 これは、中国の故事を引用し、毛利家と吉川家が手を結ぶことを願った詩といわれていま […]
  • 吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ)吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ) 松陰は安政の大獄によって江戸に護送される際、 防長惜別の地である小瀬の渡場で歌を詠んだといわれています。 渡場があった川原のすぐ近にく、歌が刻まれた石碑が建ちます。 【所在地】〒741-0091 山口県岩国市 […]
  • 松陰、小瀬川での別れ松陰、小瀬川での別れ 長州藩の東端にある岩国・小瀬川。ここは陸路で旅をする長州藩士にとって、 […]
  • 小瀬砲台跡(おぜほうだいあと)小瀬砲台跡(おぜほうだいあと) 小瀬川をはさんで、安芸国(現広島県)との国境地帯となる小瀬には、防御のため、多くの砲台が築かれました。 また、岩国へ入る山陽道の関門周辺には、防御のための大きな柵や隠れて射撃するための隠し道なども造られました。 […]
  • 昌明館(しょうめいかん)昌明館(しょうめいかん) 寛政5(1793)年6月に岩国7代領主吉川経倫(きっかわつねとも)の隠居所として建造。 廃藩置県の際、岩国県庁が置かれ、岩国の政治の拠点となりました。 現在は、18世紀末頃の建築様式を留めた長屋二棟門一棟が残され、 […]
  • 普済寺(ふさいじ)普済寺(ふさいじ) 陸軍元帥長谷川好道(はせがわよしみち)の父で、幕末には一隊を組織し維新の勲功者として顕彰された長谷川藤次郎(はせがわとうじろう)の墓があります。 また、「岩国名物、錦帯橋と宇野金太郎」と称された剣豪の墓など、幕末の岩 […]