毛利 敬親(もうり たかちか)

mouri-takachika
長州藩の第13代藩主。若い才能を庇護し、有能な家臣を登用。困窮する長州藩を盛りたてた。
下級武士の子で年下の吉田松陰から学んだという逸話がこれを裏付ける。
家臣に「うん、そうせい」と返答することが多く、「そうせい候」とも呼ばれたが、重要な決断は自ら下したとされる。

関連スポット・トピックス Spot of relation