香川家長屋門

kagawake_01岩国藩五家老の一つ、香川家の長屋門。元禄6(1693)年に香川正恒(かがわまさつね)が建立しました。当時の武家屋敷の構えをよく残しており、山口県の文化財に指定されています。

香川家には、この長屋門のほかに通用門、平時門などもあり、身分、用件などによって使い分けられていたことを伝承しています。

香川家長屋門の設計・建設は、大工の大屋嘉左衛門(おおやかざえもん)が行ったと云われています。大屋嘉左衛門は、18歳で吉川広嘉の錦帯橋架橋事業に参加しており、元禄時代の大橋(錦帯橋)の架け替えでは棟梁を務めた人物です。大屋嘉左衛門による元禄12(1699)年の図面は現存する最古の錦帯橋設計図で、平成の錦帯橋の架け替え事業(2002〜2004年)は、この元禄期の設計図を規範として行いました。

香川家長屋門が建築されたのは、大屋嘉左衛門が円熟期の38歳のときにあたります。長年の風雪にもびくともしない、その重厚な頑丈な造りからは、当時の城下町に在住していた大工たちの技巧がいかに優れていたかが想像できます。

【所在地】〒740-0081 山口県岩国市横山2丁目
【TEL】0827-41-0452

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 宇野千代生家宇野千代生家 宇野千代 女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。 昭和22年〜23(1947〜1948)年にかけて「中央公論」に発表された「おはん」は、岩国を舞台にした名作で、宇野文学の白眉といわれています。 野間 […]
  • 旧目加田(めかた)家住宅旧目加田(めかた)家住宅 目加田家は、天正年間に吉川元春(きっかわもとはる)に召し抱えられ、その後、吉川家が岩国に移封された際に藩主広家に従い、この地に居を構えた家系です。 旧目加田家住宅は、18世紀中頃と見られる中級武家屋敷の数少ない遺構と […]
  • 岩国城岩国城 岩国城は、初代岩国領主吉川広家(きっかわひろいえ)によって慶長13(1608)年に作られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山に位置していました。 三層四階の桃山風南蛮造りでしたが、築 […]
  • 錦雲閣錦雲閣 「錦雲閣」 (きんうんかく) […]
  • 吉川家墓所(きっかわけぼしょ)吉川家墓所(きっかわけぼしょ)   岩国吉川(きっかわ)家初代広家(ひろいえ)から、6代経永(つねなが)を除く12代経幹(つねまさ)までの当主及び一族の墓が、51基立ち並んでいます。 常に濃い緑に囲まれた墓所は、静けさに包ま […]
  • 錦帯橋(きんたいきょう)錦帯橋(きんたいきょう) 錦帯橋は国指定の名勝であり、日本を代表する木造橋です。 延宝元(1673)年、岩国3代領主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が現在の橋の原型となる木造橋を架けましたが、錦川の洪水によりすぐに流失しました。 しかし、 […]