籌勝院(ちゅうしょういん)

chuushouin長州軍は第二次征長軍からの攻撃に備え、遊撃隊を主力として小瀬村に駐屯させました。その本陣がおかれた場所が籌勝院です。
芸州口の戦いでは、彦根藩を中心とする征長軍に対し大勝しました。境内にはその戦いで戦死した遊撃隊士の墓があります。

【所在地】〒741-0091 山口県岩国市小瀬264
【TEL】0827-52-7308


関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 西照寺(さいしょうじ)西照寺(さいしょうじ) 第二次長州出兵のときには、僧侶もまた隊を組んで戦っています。 西照寺は山代の僧侶により編成された偕行団の屯所が置かれた場所です。 階行団は歩兵部隊と大砲部隊からなり、芸州で幕府軍と戦闘し、撃退しています。 【 […]
  • 昌明館(しょうめいかん)昌明館(しょうめいかん) 寛政5(1793)年6月に岩国7代領主吉川経倫(きっかわつねとも)の隠居所として建造。 廃藩置県の際、岩国県庁が置かれ、岩国の政治の拠点となりました。 現在は、18世紀末頃の建築様式を留めた長屋二棟門一棟が残され、 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]
  • 普済寺(ふさいじ)普済寺(ふさいじ) 陸軍元帥長谷川好道(はせがわよしみち)の父で、幕末には一隊を組織し維新の勲功者として顕彰された長谷川藤次郎(はせがわとうじろう)の墓があります。 また、「岩国名物、錦帯橋と宇野金太郎」と称された剣豪の墓など、幕末の岩 […]
  • 国穏寺(こくおんじ)国穏寺(こくおんじ) 山代神威隊の屯所が置かれた場所です。 高杉晋作の決起によって藩政が武備恭順に変わり、藩内で諸隊が結成されました。 山代では神官による諸隊を結成。 その一つ神威隊は芸州口の戦いで幕軍を退ける活躍をしました。 […]
  • 赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち)赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち) 赤禰武人は天保9(1838)年、柱島の医者の長男として生誕。 師の梅田雲濱(うめだうんぴん)が安政の大獄で投獄されたとき、その救出策を吉田松陰から授かりますが、実行に至らず。 松陰は武人の才能を大いに認めながらも、 […]