佐々木小次郎像

sasakikojiro 「祖先以来、岩国の住、姓は佐々木といい、名は小次郎と親からもらい、また 剣名を”巌流”とも呼ぶ人間は、かくいう私であるが・・・」吉川英治の小説「宮本武蔵」の一節です。
「宮本武蔵」は、江戸時代から、講談などで長く語りつがれてきたものですが、吉川英治は、錦帯橋-柳の木ーつばめーつばめ返しー巌流ーと連想して、「佐々木小次郎が、錦帯橋畔で柳の枝が燕を打つのを見て「燕返し」の術を得た」と、岩国に来て自ら創作し、剣聖「宮本武蔵」の背景を写し出しました。「佐々木小次郎」は、安土桃山時代~江戸時代初期にかけて、「巌流」と称し活躍した剣豪で、小倉藩主であった細川忠興に仕えた人物です。慶長17(1612)年に現在の山口県下関市にある船島、いわゆる「巌流島」にて宮本武蔵と勝負し敗れたことで知られ、物干竿と言われた長尺な太刀を振るい、「燕返し」の秘剣を生み出したことでも知られています。
吉川英治原作の小説「宮本武蔵」の中では、岩国出身となっていますが、未だ不明な点が多き人物です。

【所在地】〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目4
○アクセス:
・山陽自動車道岩国インターチェンジから車で7分
・JR山陽本線岩国駅からバスで20分(いわくにバス「錦帯橋」バス停下車)
・JR山陽新幹線新岩国駅からバスで10分→いわくにバス「錦帯橋」バス停から徒歩で5~10分

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 雁木雁木 製造元の八百新酒造株式会社は明治24(1891)年の創業。酒造場は創業時より錦川の河畔にあり、そこは船着き場として、賑わっていました。 「雁木」とは、船着場の階段のある桟橋のことをいい、かつては、酒の原料米は錦川の上 […]
  • ぎゅっと岩国2017秋・冬号ぎゅっと岩国2017秋・冬号 ※このページは岩国観光プロモーション戦略協議会発行のパンフレット「ぎゅっと岩国2017秋・冬号~秋冬の季節をめいっぱい満喫!岩国の楽しみ方をご紹介」をもとに制作しました。 […]
  • 岩国のシロヘビ岩国のシロヘビ 岩国のシロヘビは、長さ1.8メートル、胴回り15センチメートル余り、アオダイショウのアルビノが遺伝的に固定している種です。目はルビーのように赤く、全身は白く光沢があり、清楚な姿でとても神秘的です。性質はおとなしく温順で […]
  • 山口県由宇青少年自然の家(ふれあいパーク)山口県由宇青少年自然の家(ふれあいパーク) 山口県東部、標高540メートルの銭壷山頂上の瀬戸内海国立公園の美しい景色を眼 […]
  • 中津居館跡中津居館跡 中津居館跡(なかづきょかんあと)は14世紀頃に岩国地域を治めた有力者が築いたとみられる居館の跡です。 居館とは、有力者が住んだ屋敷のことで、居館の内部には、住居以外に政治を行う施設や客人を迎える施設などが設けられまし […]
  • ぎゅっと岩国2016秋冬号ぎゅっと岩国2016秋冬号 ※このページは岩国観光プロモーション戦略協議会発行のパンフレット「ぎゅっと岩国~みんなが行ってみたくなるスポットが満載!」をもとに制作しました。 >>「ぎゅっと岩国~みんなが行ってみたくなるスポットが満載!201 […]