佐々木小次郎像

sasakikojiro 「祖先以来、岩国の住、姓は佐々木といい、名は小次郎と親からもらい、また 剣名を”巌流”とも呼ぶ人間は、かくいう私であるが・・・」吉川英治の小説「宮本武蔵」の一節です。
「宮本武蔵」は、江戸時代から、講談などで長く語りつがれてきたものですが、吉川英治は、錦帯橋-柳の木ーつばめーつばめ返しー巌流ーと連想して、「佐々木小次郎が、錦帯橋畔で柳の枝が燕を打つのを見て「燕返し」の術を得た」と、岩国に来て自ら創作し、剣聖「宮本武蔵」の背景を写し出しました。「佐々木小次郎」は、安土桃山時代~江戸時代初期にかけて、「巌流」と称し活躍した剣豪で、小倉藩主であった細川忠興に仕えた人物です。慶長17(1612)年に現在の山口県下関市にある船島、いわゆる「巌流島」にて宮本武蔵と勝負し敗れたことで知られ、物干竿と言われた長尺な太刀を振るい、「燕返し」の秘剣を生み出したことでも知られています。
吉川英治原作の小説「宮本武蔵」の中では、岩国出身となっていますが、未だ不明な点が多き人物です。

【所在地】〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目4
○アクセス:
・山陽自動車道岩国インターチェンジから車で7分
・JR山陽本線岩国駅からバスで20分(いわくにバス「錦帯橋」バス停下車)
・JR山陽新幹線新岩国駅からバスで10分→いわくにバス「錦帯橋」バス停から徒歩で5~10分

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 宇野千代生家宇野千代生家 宇野千代       ※通常火曜日が休館日となっておりますが、11月28日(火)につきましては、開館いたします。 女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。 昭和22年〜23(1947〜1948)年 […]
  • 岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん)岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん) 岩国学校は、明治3(1870)年に岩国2代藩主吉川経健(きっかわつねたけ)が藩の青少年を教育するため学制の大改革を行い、旧兵学校と文学校を公中学・公小学に組織を改めて現在地近くに新築したもので、翌明治4(1871)年2 […]
  • 吉川家墓所(きっかわけぼしょ)吉川家墓所(きっかわけぼしょ)   岩国吉川(きっかわ)家初代広家(ひろいえ)から、6代経永(つねなが)を除く12代経幹(つねまさ)までの当主及び一族の墓が、51基立ち並んでいます。 常に濃い緑に囲まれた墓所は、静けさに包ま […]
  • 吉川史料館吉川史料館 【お知らせ】  平成29年12月25日~平成30年2月10日までの期間、空調工事の為休館いたします。 吉川史料館(昌明館) 国宝【太刀 銘為次(狐ヶ崎)】 国指定 重要文化財 書跡【吉川元春筆 […]
  • 錦帯橋(きんたいきょう)錦帯橋(きんたいきょう) 錦帯橋は国指定の名勝であり、日本を代表する木造橋です。 延宝元(1673)年、岩国3代領主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が現在の橋の原型となる木造橋を架けましたが、錦川の洪水によりすぐに流失しました。 しかし、 […]
  • 岩国城岩国城 岩国城は、初代岩国領主吉川広家(きっかわひろいえ)によって慶長13(1608)年に作られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山に位置していました。 三層四階の桃山風南蛮造りでしたが、築 […]