大平

ohira2
里芋・レンコン・人参・ごぼう・こんにゃくなど新鮮な野菜や山菜、鶏肉を煮込んだもので、その材料の煮方に伝統の秘訣があり、独特の味わいを持っています。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 橋の駅 錦帯橋 「展望市場」橋の駅 錦帯橋 「展望市場」 店舗改装工事のため休館しておりました、錦帯橋バスセンター2階『橋の駅』が令和3年4月9日(金)よりリニューアルオープンいたします。 【日程】 令和3年4月9日(金)     […]
  • 岩国寿司岩国寿司 岩国寿司 郷土料理として親しまれている、押し寿司風に仕上げた保存食としてのチラシ寿司で、岩国地方ならではの郷土料理として親しまれています。 (写真:大平と岩国寿司) 岩国寿司を切る様子 一度に4〜5升つ […]
  • 岩国の特産品のおみやげ「つまんでちょんまげ」発売開始!岩国の特産品のおみやげ「つまんでちょんまげ」発売開始!   2020年10月1日より岩国の日本酒に合うおつまみシリーズとして「つまんでちょんまげ」が本格発売されました!!     「つまんでちょんまげ」とは、自分 […]
  • 金雀金雀 岩国市錦町にある堀江酒場は江戸中期(1764年)創業の、錦帯橋が架かる清流錦川をさかのぼった小さな町にある、250年以上の歴史のある酒蔵です。 山紫水明のこの恵まれた環境の中で、日本文化と伝統を今に伝え、時代、世代を […]
  • 吉香窯 岩国焼吉香窯 岩国焼 岩国城下の多田の地に元禄の頃、創始された岩国藩の御用窯です。 茶道具、壺、皿など将軍や諸侯への土産品として用いられため、茶人の鑑賞眼に耐えられる洗練された品格があります(茶道具、坪、皿など)。 岩国の風土に根ざした […]
  • 玖珂縮玖珂縮 寛永2(1749)年の頃、玖珂町の富山秀意(享保10(1725)年~寛政元(1789)年)により考案され、縮織技法では、日本でも初期のものです。 約400年前、江戸時代初期の岩国吉川藩領内で玖珂、岩国、柳井、由宇、阿 […]