岩国市観光交流所「本家  松がね」

平成29年3月25日オープン!「岩国観光交流所 本家 松がね」

★岩国市観光交流所「本家 松がね」のホームページが完成しました!
http://honke-matsugane.jp/

★デスティネーションキャンペーンの特集ページも完成しました!
http://kankou.iwakuni-city.net/2017aki-dc.html


ゆったりとした城下町に新しく観光施設がオープンしました。
その\新施設/「本家 松がね」の見どころ&魅力を
ご紹介します。

 

 

城下町の中にたたずむ古き良き時代を感じさせてくれる建物。

この建物は、江戸時代後期頃に建てられたと推測され、今から150年

以上も前のものです。

この場所で江戸時代から全国に名をはせたびん付け油「松金油」の

製造販売を行っていた商家です。

(※びん付け油とは武士のちょんまげを結うときに使用していた油です。)

 

 

 

 

 

 

室内は木の暖かさや梁の太さに感動!

岩国市の歴史や「本家 松がね」ではどんなことをしていたのかなど

詳しい歴史に触れることができます。

ほかにも岩国市内の観光情報や

宮島などの観光情報もチェックできますよ!

少し中に進んで奥を見上げると、天井が高い!

 

 

奥では五蔵の地酒と岩国寿司や
岩国れんこんといった岩国の特産品を
一口味わうことができる
試食・試飲スペースがあります。
試食・試飲については有料です。)

 

 

 

 

岩国のきれいな水で造られた地酒はまろやかな舌触りで
お酒が苦手な人でも飲みやすいものもあります。

 

 


また、モチモチとした歯ごたえが特徴的な「からし蓮根」や
素材の味をしっかり楽しめる「天然鮎の開き」
がありますよ!

 


その他、ひとまわり大きな栗を使った岩国市美和町の特産品
「岸根ぐり」を使ったういろうや
中国山地を源流とする清らかな水で育った岩国市錦町の「わさび」や「こんにゃく」を使った
「わさび醤油漬け」や「刺身こんにゃく」もあります!

 

ぜひ、お気に入りの岩国の食を探してみてくださいね!

岩国の地酒・特産品・城下町の雰囲気を楽しみに

「本家 松がね」にお立ちよりください 🍶

 

□□□─────────────────────────────□□

【岩国市観光交流所 本家 松がね】

平成29年6月12日(月)から平成29年6月24日(土)まで空調整備のため一時休館します。

開館時間/9時~17時(4~8月は18時まで)年中無休
入館料/無料
問い合わせ先/本家 松がね TEL 0827-28-6600

□□□─────────────────────────────□□

※近隣私有地への無断駐車はご遠慮ください。₍錦帯橋下河原駐車場等をご利用ください)

【岩国観光交流所 本家 松がねのチラシは↓からダウンロード!】

      

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉香 鵜の里吉香 鵜の里 平成29年3月30日オープン 岩国シロヘビの館すぐそばオープン「吉香 鵜の里」 岩国市の夏を彩る「錦帯橋のう飼」で活躍する鵜を 飼育する施設「吉香 […]
  • 五橋文庫五橋文庫 平成29年3月19日(日)に新施設オープン! 「五橋文庫」は、書や画、篆刻(てんこく)などで秀でた才能を発揮した文人の小林雲道人(こばやし・うんどうにん)の作品などを展示する美術館です。予約をすれば篆刻体験もでき […]
  • 宇野千代生家宇野千代生家 宇野千代 女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。 昭和22年〜23(1947〜1948)年にかけて「中央公論」に発表された「おはん」は、岩国を舞台にした名作で、宇野文学の白眉といわれています。 野間 […]
  • 錦雲閣錦雲閣 「錦雲閣」 (きんうんかく) […]
  • 岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん)岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん) 岩国学校は、明治3(1870)年に岩国2代藩主吉川経健(きっかわつねたけ)が藩の青少年を教育するため学制の大改革を行い、旧兵学校と文学校を公中学・公小学に組織を改めて現在地近くに新築したもので、翌明治4(1871)年2 […]
  • 錦帯橋のう飼錦帯橋のう飼 夏の風物詩「錦帯橋の鵜飼」は、日本三名橋の一つ「錦帯橋」を背景に清流錦川で行われます。 その起源は古く、いまから約380年前といわれています。 長い歴史の中で一時中断していましたが、昭和27(1952)年に復興 […]