岩国の志士、東沢瀉(ひがし たくしゃ)

bakumatsu6_head

陽明学を学び、尊皇攘夷の情熱に突き動かされて行動し、獄に繋がれた。
その獄中にあっても、子弟に教育を施した。
まるで吉田松陰のような人物が、幕末の岩国にもいたことを知る人は少ない。
その名は東沢瀉。「西の松陰、東の沢瀉」と言われる由縁である。

江戸に学ぶ

 吉田松陰の出生から2年後の天保3年(1832)、東沢瀉は岩国藩士の家に生まれた。13歳のときには軍学書を暗記したというほどの秀才。やがては江戸で儒学の一派、陽明学を学んだ。より実践を重んじるこの学問を松陰も学んでいる。
 岩国に戻ると、藩校・養老館の教師に。そして、時代の荒波が沢瀉の人生を変える。

必死組の結成

 尊皇攘夷の先鋭を走る長州藩は幕府と衝突。第二次長州出兵(四境戦争)芸州口では岩国藩の部隊も加勢し、長州藩有利の状況で戦争は終結した。しかし国境の岩国では幕府軍の再侵攻が危惧され、緊迫した状況が続いた。なのに、岩国藩は保守派に支配され、武備は旧式のまま兵制の近代化は遅々として進まない。これを憂慮し立ち上がったのが沢瀉と同志だった。
 慶応2年(1866)11月、沢瀉は栗栖天山、南部五竹らと必死組を結成。「保守派門閥を打破し、有能な人材登用。先例旧格の破棄」を岩国藩に訴えた。
 しかし必死組の一部隊士は粗暴な行動に及ぶと、その責を問われて沢瀉と天山は柱島(岩国市)へ流刑となった。

獄中で学び師となる

流刑の絶望にあって、沢瀉は書物に没入した。「学問が最も進んだのは獄中での勉強であった」と後に述べている。やがて島内の若者が沢瀉に学ぶようになり、島外から訪ねて学ぶ者まであった。
 明治2年(1869)、精義隊(必死組から改名)のその後の活躍が認められ沢瀉は赦されると、保津(岩国市)の海辺に住んだ。そして評判を聞きつけた者が集うようになり、私塾・沢瀉塾を開いた。
 それから14年間、人材育成に尽力した。全盛期には五つの学舎が立ち並び、たくさんの学生が寄宿して学んでいたといわれる。松陰の兄・杉梅太郎(民治)も教えを請うたと伝えられる。
 松陰は29歳で散ったが、沢瀉は幕末を生き抜くと60歳の人生を全うした。望まれても政治の表舞台には立とうとせず、新しい時代を担う人材の育成に尽くした。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 岩国三士(栗栖天山・南部五竹・東沢瀉)の活躍を伝える碑。 天山は沢瀉と必死組(後に精義隊)を組織し、 藩風改革運動の先駆をなしたが柱島に流罪となる。 慶応2年、天山は沢瀉を救うため島を脱し同士に所思を訴えるが賛同 […]
  • 沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち)沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち) 塾の跡地には記念館が立てられ、当時の学舎などの位置図が掲示されている。 かつては5つの学舎や講堂、沢瀉の自宅が立ち並び、多くの学生が寄宿して学んでいた。 住所:山口県岩国市保津町2-5 […]
  • 普済寺(ふさいじ)普済寺(ふさいじ) 陸軍元帥長谷川好道(はせがわよしみち)の父で、幕末には一隊を組織し維新の勲功者として顕彰された長谷川藤次郎(はせがわとうじろう)の墓があります。 また、「岩国名物、錦帯橋と宇野金太郎」と称された剣豪の墓など、幕末の岩 […]
  • 篤姫も渡った 錦帯橋篤姫も渡った 錦帯橋 大河ドラマで人気を博した「篤姫」。 実は彼女も、鹿児島から江戸への道中、錦帯橋見物を所望したらしい。 嘉永6年(1853)9月11日の「御用所日記」には、このときのやりとりが記録されている。 強行突破した姫 […]
  • 岩国れんこん岩国れんこん 室の木の篤農・村本三五郎が、岡山から備中種を持ち帰り、これを門前の石代に植えたのが始まりで、それから広がり門前バスと言いました。 文化8(1811)年には藩営として始まりました。一般のレンコンは穴が8つですが […]
  • 雁木雁木 製造元の八百新酒造株式会社は明治24(1891)年の創業。酒造場は創業時より錦川の河畔にあり、そこは船着き場として、賑わっていました。 「雁木」とは、船着場の階段のある桟橋のことをいい、かつては、酒の原料米は錦川の上 […]