沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち)

takushajuku_0029岩国三士の一人、東沢瀉(ひがしたくしゃ)が後進の指導のために開いた塾の跡地です。
現在、跡地には記念館が建てられ、当時の学舎などの位置図が掲示されています。
かつては5つの学舎や講堂、沢瀉の自宅が立ち並び、多くの学生が寄宿して学んでいました。

【所在地】〒740-0043 山口県岩国市保津町2丁目5

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 明治25(1892)年に旧岩国藩公と藩の有志により吉香神社内に建てられた、岩国三士(栗栖天山(くりすてんざん)・南部五竹(なんぶごちく)・東沢瀉(ひがしたくしゃ))の活躍を伝える碑です。 天山は沢瀉と必死組(後に精義 […]
  • 仙鳥館(せんちょうかん)仙鳥館(せんちょうかん) 始めは仙鳥屋形と称し、元禄11(1698)年、岩国5代領主の吉川広逵(きっかわひろみち)幼時の居所として建てられ、以降は代々藩主幼時の居所に充てられました。 12代領主経幹(つねまさ)、13代領主経健(つねたけ)も仙 […]
  • 吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ)吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ) 関戸は山陽道の本陣が置かれた宿場町。 本陣跡近くには松陰が当地で詠んだ詩を刻んだ碑があります。 「美哉山河是国宝何以守之親与賢」。 これは、中国の故事を引用し、毛利家と吉川家が手を結ぶことを願った詩といわれていま […]
  • 吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ)吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ) 松陰は安政の大獄によって江戸に護送される際、 防長惜別の地である小瀬の渡場で歌を詠んだといわれています。 渡場があった川原のすぐ近にく、歌が刻まれた石碑が建ちます。 【所在地】〒741-0091 山口県岩国市 […]
  • 赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち)赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち) 赤禰武人は天保9(1838)年、柱島の医者の長男として生誕。 師の梅田雲濱(うめだうんぴん)が安政の大獄で投獄されたとき、その救出策を吉田松陰から授かりますが、実行に至らず。 松陰は武人の才能を大いに認めながらも、 […]
  • 神田原開拓碑(こうだはらかいたくひ)神田原開拓碑(こうだはらかいたくひ) 代官(区長)杉民治(すぎみんじ)と戸長等による開拓事業を後世へ伝える明治前期建立の碑。 他に岡ノ寮、大迫、八場の4ヶ所にあります。 【所在地】〒740-0602 山口県岩国市本郷町本郷神田 […]