柱島体験レポート 〜登山と海の幸を楽しむ〜

2013年5月。雲ひとつない快晴。今日は瀬戸内海の多島美が見たくて柱島へ。
t-1t-2岩国港から7:40発の高速艇「すいせい」に乗り込み約1時間の船旅。
途中、船は黒島、端島に寄港し目的地の柱島へ到着。

t-3上陸後、あたたかい笑顔で迎えてくれる島民の方々。
登山口は港のすぐそば。
ここから柱島最高峰「金蔵山」別名周防小富士の山頂283メートルを目指す。
しばらくすると島民の方に出会う。
とびきりの笑顔であいさつをしていただいた。

line4

t-4t-5民家が立ち並ぶ路地を抜け、しばらくすると「柱島小中学校」の裏に到着。
現在は休校となっている学校を一周散策。ここからの眺めもすばらしい。
頂上からの眺めに期待を膨らませ、山頂へ向けて足を進める。

t-6山道は、地元自治会の方々が年2回草刈りをされているとのことで、
きれいに整備されている。
島民の方々に感謝。
山道を照らす木漏れ日が美しい。

line3

t-7しばらくすると、山道からも瀬戸の美しい多島美を見ることができる。
5月中旬にもかかわらず夏日となった今日は、さすがに大量の汗が吹き出る。
汗をかいた顔に、海風が心地よい。
汗を乾かし、息を整え、再び山頂を目指す。
t-8そして、ついに到着。麓から約50分。
山頂からは柱島の東から南の方角を一望でき、
南は周防大島、空気が澄んだ日は東に四国を見ることができる。
海風を肌で感じ、雄大で穏やかな瀬戸内海を俯瞰する。
時折横切る漁船の小ささに、あらためて自然の壮大さに気づかされる。

line4

t-9下山後、事前に予約していた島内の旅館で昼食をいただく。
造り、煮物、酢の物など魚づくし料理を堪能。
(事前予約が必要。)
t-10帰りの船まで1時間程度時間があるので、島の産土神である賀茂神社を参拝。
ここには、神武天皇をはじめとした88柱の神が祀られており、
この柱島という名前は、この御柱の多さから名付けられたといわれている。

line3

14時15分柱島港発の高速船に乗り込む。
細い路地に郷愁を感じ、美しい海に心落ち着かせ、島の方々の温かさに笑顔誘われる一日であった。

柱島。ステキな景色以上のものが、きっとここにはある。

line2

【行程】
7:40 岩国港発  → 8:39 柱島港着  → 8:50 登山開始 → 9:40 山頂到着  → 10:00 下山開始 →
10:50 麓到着 島内散策 →  12:00 昼食(島内旅館) → 13:00 賀茂神社 →
14:15 柱島港発※1 → 15:15岩国港着
※1 14:15柱島港発便については、土曜日および日曜日ならびに12月30日〜1月4日および8月13日〜16日のみ運航

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 柱島柱島 島の概要 風光明媚な瀬戸内海の波間に浮かぶ柱島群島の12の島々。 このうち「柱島」「端島」「黒島」の3島が有人の島です。 岩国市新港町にある岩国港から高速艇で約1時間。 3島あわせても人口250人あまり […]
  • 大根川観光農園 岸根栗拾い体験大根川観光農園 岸根栗拾い体験 ※大根川観光栗園では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、令和2年は栗拾いやイベントなどの行事は中止とし、岸根栗の販売のみおこないます。 大根川観光農園では、岩国市の特産品の岸根栗(がんねぐり)拾い体験ができます。 […]
  • 陶芸体験 多田焼き「雲渓山窯」陶芸体験 多田焼き「雲渓山窯」 自然豊かな里山でゆったりとした雰囲気の中で気さくな窯主さんの手ほどきをうけながら、岩国の伝統陶芸「多田焼」の陶芸体験ができます。 お一人様をはじめ初心者やお子様でも安心して参加することができます。 【お問い合わ […]
  • 陶芸体験 アートの郷 陶芸 薪窯研究所陶芸体験 アートの郷 陶芸 薪窯研究所 自然に囲まれた歴史ある山間の寺「通化寺」境内に気楽に陶芸を体験できる教室「アートの郷 陶芸 薪窯研究所」のご案内です。 自然に囲まれた環境で季節を感じながら、陶芸制作体験を楽しめます。 初めての方でも丁寧にサポ […]
  • 篆刻体験レポート篆刻体験レポート […]
  • 多田焼き「雲渓山窯」陶芸体験レポート多田焼き「雲渓山窯」陶芸体験レポート 自然豊かな里山でゆったりとした雰囲気の中、気さくな窯主さんの手ほどきをうけながら、さまざまな器の制作を楽しめると聞いて、岩国の伝統陶芸「多田焼」の体験をしてきました!   多田焼は元禄13 […]