芥川龍之介父子の碑

akutagawaryuunosukefusinohi昭和62(1987)年に、作家・芥川龍之介の父系である新原家の菩提寺・真教寺に造られました。
碑文の「本是山中人」(もとこれさんちゅうのひと)という文は、龍之介の出世作、羅生門の出版祝賀会のとき会場主に書いて渡したものです。文意は長い間文壇で謎とされていましたが、後年、彼が実父、新原敏三の出身地である、美和町生見に思いを寄せて書いたものと判明しました。
副碑の文は龍之介の真筆で、彼の警句「侏儒の言葉一人生一」の一節です。
近年文学を愛する人たちが多く訪れる地です。

【所在地】〒740-1231 山口県岩国市美和町生見中村2505
【TEL】0827-97-0430



関連スポット・トピックス Spot of relation