芥川龍之介父子の碑

akutagawaryuunosukefusinohi昭和62(1987)年に、作家・芥川龍之介の父系である新原家の菩提寺・真教寺に造られました。
碑文の「本是山中人」(もとこれさんちゅうのひと)という文は、龍之介の出世作、羅生門の出版祝賀会のとき会場主に書いて渡したものです。文意は長い間文壇で謎とされていましたが、後年、彼が実父、新原敏三の出身地である、美和町生見に思いを寄せて書いたものと判明しました。
副碑の文は龍之介の真筆で、彼の警句「侏儒の言葉一人生一」の一節です。
近年文学を愛する人たちが多く訪れる地です。

【所在地】〒740-1231 山口県岩国市美和町生見中村2505
【TEL】0827-97-0430


関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉川家墓所(きっかわけぼしょ)吉川家墓所(きっかわけぼしょ)   岩国吉川(きっかわ)家初代広家(ひろいえ)から、6代経永(つねなが)を除く12代経幹(つねまさ)までの当主及び一族の墓が、51基立ち並んでいます。 常に濃い緑に囲まれた墓所は、静けさに包ま […]
  • 錦帯橋(きんたいきょう)錦帯橋(きんたいきょう) 錦帯橋は国指定の名勝であり、日本を代表する木造橋です。 延宝元(1673)年、岩国3代領主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が現在の橋の原型となる木造橋を架けましたが、錦川の洪水によりすぐに流失しました。 しかし、 […]
  • 宇野千代生家宇野千代生家 宇野千代 女流文学者。明治30(1897)年岩国市生まれ。 昭和22年〜23(1947〜1948)年にかけて「中央公論」に発表された「おはん」は、岩国を舞台にした名作で、宇野文学の白眉といわれています。 野間 […]
  • 岩国城岩国城 岩国城は、初代岩国領主吉川広家(きっかわひろいえ)によって慶長13(1608)年に作られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山に位置していました。 三層四階の桃山風南蛮造りでしたが、築 […]
  • 吉川史料館吉川史料館 吉川史料館(昌明館) 国宝【太刀 銘為次(狐ヶ崎)】 国指定 重要文化財 書跡【吉川元春筆 太平記】 国指定 重要文化財 […]
  • 岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん)岩国学校教育資料館(いわくにがっこうきょういくしりょうかん) 岩国学校は、明治3(1870)年に岩国2代藩主吉川経健(きっかわつねたけ)が藩の青少年を教育するため学制の大改革を行い、旧兵学校と文学校を公中学・公小学に組織を改めて現在地近くに新築したもので、翌明治4(1871)年2 […]