赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち)

akaneseitan赤禰武人は天保9(1838)年、柱島の医者の長男として生誕。
師の梅田雲濱(うめだうんぴん)が安政の大獄で投獄されたとき、その救出策を吉田松陰から授かりますが、実行に至らず。
松陰は武人の才能を大いに認めながらも、実行力に少々欠けると評しました。

【所在地】〒740-0051 山口県岩国市柱島

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 赤禰武人墓所(あかねたけとぼしょ)赤禰武人墓所(あかねたけとぼしょ) 柱島の西栄寺に赤禰武人は眠っています。 武人は長府藩士と共に薩長盟約の交渉にあたりましたが、その中での調停行為が二重スパイ行為として疑われたことで、長州藩によって捕えられ元治2(1866)年に処刑されます。 長府藩 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]
  • 藩校養老館跡(はんこうようろうかんあと)藩校養老館跡(はんこうようろうかんあと) 弘化4(1847)年、岩国12代領主・初代藩主の吉川経幹(きっかわつねまさ)により創建。 文武併置、仕事や環境により出勤や入校を考慮され、考試制度を導入。 幕末岩国の志士を育てました。 慶応2(1866)年の火事 […]
  • 吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ)吉田松陰東遊記念碑 (よしだしょういんとうゆうきねんひ) 関戸は山陽道の本陣が置かれた宿場町。 本陣跡近くには松陰が当地で詠んだ詩を刻んだ碑があります。 「美哉山河是国宝何以守之親与賢」。 これは、中国の故事を引用し、毛利家と吉川家が手を結ぶことを願った詩といわれていま […]
  • 吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ)吉田松陰歌碑(よしだしょういんかひ) 松陰は安政の大獄によって江戸に護送される際、 防長惜別の地である小瀬の渡場で歌を詠んだといわれています。 渡場があった川原のすぐ近にく、歌が刻まれた石碑が建ちます。 【所在地】〒741-0091 山口県岩国市 […]
  • 清泰院 (せいたいいん)清泰院 (せいたいいん) 元治元(1864)年、禁門の変の首謀者として岩国12代藩主吉川経幹(きっかわつねまさ)は、11月に国司親相(くにしちかすけ)、益田親施(ますだちかのぶ)、福原越後(ふくはらえちご)の三家老に切腹を命じ、当時の江戸幕 […]