赤禰武人生誕の地(あかねたけとせいたんのち)

akaneseitan赤禰武人は天保9(1838)年、柱島の医者の長男として生誕。
師の梅田雲濱(うめだうんぴん)が安政の大獄で投獄されたとき、その救出策を吉田松陰から授かりますが、実行に至らず。
松陰は武人の才能を大いに認めながらも、実行力に少々欠けると評しました。

【所在地】〒740-0051 山口県岩国市柱島



関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]
  • 赤禰武人墓所(あかねたけとぼしょ)赤禰武人墓所(あかねたけとぼしょ) 柱島の西栄寺に赤禰武人は眠っています。 武人は長府藩士と共に薩長盟約の交渉にあたりましたが、その中での調停行為が二重スパイ行為として疑われたことで、長州藩によって捕えられ元治2(1866)年に処刑されます。 長府藩 […]
  • 沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち)沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち) 岩国三士の一人、東沢瀉(ひがしたくしゃ)が後進の指導のために開いた塾の跡地です。 現在、跡地には記念館が建てられ、当時の学舎などの位置図が掲示されています。 かつては5つの学舎や講堂、沢瀉の自宅が立ち並び、多くの学 […]
  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 明治25(1892)年に旧岩国藩公と藩の有志により吉香神社内に建てられた、岩国三士(栗栖天山(くりすてんざん)・南部五竹(なんぶごちく)・東沢瀉(ひがしたくしゃ))の活躍を伝える碑です。 天山は沢瀉と必死組(後に精義 […]
  • 仙鳥館(せんちょうかん)仙鳥館(せんちょうかん) 始めは仙鳥屋形と称し、元禄11(1698)年、岩国5代領主の吉川広逵(きっかわひろみち)幼時の居所として建てられ、以降は代々藩主幼時の居所に充てられました。 12代領主経幹(つねまさ)、13代領主経健(つねたけ)も仙 […]
  • 新港(しんみなと)新港(しんみなと) 岩国藩の海の玄関。 第一次長州出兵の際、長州藩の処置について話し合うため西郷隆盛らがこの港から上陸しました。 また、第二次長州出兵の際には、幕府の訊問使である永井主水や随行した新撰組・近藤勇らとの交渉の場となりまし […]