平成29年3月30日午後オープン!吉香 鵜の里

平成29年3月30日午後オープン!吉香 鵜の里!


毎年6月1日から9月10日まで錦帯橋周辺で行っている岩国市の夏の風物詩「錦帯橋のう飼」で活躍する鵜を飼育する施設です。
施設では鵜の飼育状況を見ることができるほか、鵜飼の歴史などに関する展示コーナーもあります。

 

 

【吉香 鵜の里】
・休館日/年中無休
・開館時間/午前9時から午後5時
・館内施設/鵜飼育舎、観光客休憩所、鵜飼展示コーナー、トイレ(多目的トイレ)、
授乳室、無料Wi-Fi

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 岩国美術館(柏原コレクション)岩国美術館(柏原コレクション) 全国でも例の少ない古武具の展示館として有名な岩国美術館。場所は岩国城ロープウエー山麓駅前にあります。 奈良時代から江戸時代までの陶磁器・ガラス工芸品、書画、甲冑、刀剣、陣羽織、馬具など約6,000点を所蔵し、八曲半双 […]
  • 五橋文庫五橋文庫 平成29年3月19日(日)に新施設オープン! 「五橋文庫」は、書や画、篆刻(てんこく)などで秀でた才能を発揮した文人の小林雲道人(こばやし・うんどうにん)の作品などを展示する美術館です。予約をすれば篆刻体験もでき […]
  • 香川家長屋門香川家長屋門 岩国藩五家老の一つ、香川家の長屋門。元禄6(1693)年に香川正恒(かがわまさつね)が建立しました。当時の武家屋敷の構えをよく残しており、山口県の文化財に指定されています。 香川家には、この長屋門のほかに通用門、 […]
  • 岩国の歴史岩国の歴史 岩国城と錦帯橋 錦帯橋はなぜできたのか。 錦帯橋はどのような歴史をたどってきたのか。 世界にも稀な木造アーチ橋の真の素晴らしさは、その美観や精巧さだけではなく、建築の由来、300年前から代々続く技術の伝承にも見い […]
  • 岩国徴古館岩国徴古館 吉川報効会が昭和17(1942)年9月に起工し、終戦直前の昭和20(1945)年3月に竣工。 戦時下に、建設、運営が行われた博物館。昭和26(1951)年、岩国市に寄贈されました。 建築工学、音響学で優れた才能を発 […]
  • 旧目加田(めかた)家住宅旧目加田(めかた)家住宅 目加田家は、天正年間に吉川元春(きっかわもとはる)に召し抱えられ、その後、吉川家が岩国に移封された際に藩主広家に従い、この地に居を構えた家系です。 旧目加田家住宅は、18世紀中頃と見られる中級武家屋敷の数少ない遺構と […]