吉香神社

江戸時代に岩国を治めた吉川氏の歴代の心霊を祀る神社です。現社殿は、享保18年(1728)に当横山地区の白山比咩神社内に造営され、明治18年(1885)に現在地に移築されたものです。
春は周辺をサクラやツツジ、初夏にはアジサイ、秋には紅葉やイチョウが周辺を彩ります。
平成16年に国の重要文化財に指定されています。


関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 吉香 鵜の里吉香 鵜の里 平成29年3月30日オープン 岩国シロヘビの館すぐそばオープン「吉香 鵜の里」 岩国市の夏を彩る「錦帯橋のう飼」で活躍する鵜を 飼育する施設「吉香 […]
  • 五橋文庫五橋文庫   「五橋文庫」は、書や画、篆刻(てんこく)などで秀でた才能を発揮した文人の小林雲道人(こばやし・うんどうにん)の作品などを展示する美術館です。予約をすれば篆刻体験もできます。   […]
  • 岩国市観光交流所「本家 松がね」岩国市観光交流所「本家 松がね」 「岩国観光交流所 本家 松がね」 ★岩国市観光交流所「本家 […]
  • 錦帯橋のう飼錦帯橋のう飼 夏の風物詩「錦帯橋の鵜飼」は、日本三名橋の一つ「錦帯橋」を背景に清流錦川で行われます。 その起源は古く、いまから約380年前といわれています。 長い歴史の中で一時中断していましたが、昭和27(1952)年に復興 […]
  • 岩国の歴史岩国の歴史 岩国城と錦帯橋 錦帯橋はなぜできたのか。 錦帯橋はどのような歴史をたどってきたのか。 世界にも稀な木造アーチ橋の真の素晴らしさは、その美観や精巧さだけではなく、建築の由来、300年前から代々続く技術の伝承にも見い […]
  • 岩国徴古館岩国徴古館 吉川報効会が昭和17(1942)年9月に起工し、終戦直前の昭和20(1945)年3月に竣工。 戦時下に、建設、運営が行われた博物館。昭和26(1951)年、岩国市に寄贈されました。 建築工学、音響学で優れた才能を発 […]