2022全国さくらシンポジウムin岩国

2022全国さくらシンポジウムin岩国を開催します。

さくらシンポジウムは、1982年から、全国の桜の名所を舞台に開催されています。

岩国市では、この大会を2022年3月に開催するにあたり、世界文化遺産を目指す「錦帯橋」と「桜」の美しい風景を全国に発信し、多くのお客様に岩国での観光をお楽しみいただきます。

また、桜の研究家や民間の桜保全活動団体の方々と意見交換を行うなど、市民の皆様と桜を次の世代に繋いでいくよう、桜の保全・管理を考え、実施していく契機とします。

【シンポジウムの概要について】

1.主催:2022全国さくらシンポジウムin岩国実行委員会、公益財団法人日本花の会

共催:岩国市  後援:山口県

2.大会日程

  令和4年3月24日(木) 13:00~17:00

  シンポジウム  会場:岩国国際観光ホテル 4階ロイヤルホール

  定員:約400名

〇開会セレモニー

〇記念講演「夏井いつきの句会ライブ」 講師:夏井いつき氏

〇活動事例報告:「-未来へつなぐ-錦帯橋のさくら」

報告者:錦帯橋さくら守の会 会長 児玉廣志氏

〇活動事例報告:「天下無双・岩国のさくら」

報告者:公益財団法人 日本花の会 桜の名所づくりアドバイザー 中村裕三氏

〇次回開催地紹介(埼玉県熊谷市)

〇抽選会

 令和4年3月25日(金) 9:00~12:00

 🌸現地見学会🌸  会場:錦帯橋周辺

3コース

①岩国城からの桜を望む旅(錦帯橋、岩国城、シロヘビの館、さくら舟ほか)

②薄墨桜と名宝の旅(錦帯橋、宇野千代生家、柏原美術館、さくら舟ほか)

③岩国の歴史と文化を訪ねる旅(錦帯橋、本家 松がね、吉川史料館、さくら舟ほか)

 

3.参加募集期間(予定)

令和4年1月4日(火曜日)~令和4年1月31日(月曜日)

事前申し込み制:応募方法などの詳細は、決まり次第、当ホームページ・市報などに掲載します。

 

【大会テーマ】

「2022全国さくらシンポジウムin岩国」を開催するにあたり、令和3年8月2日(月)から令和3年9月3日(金)まで、大会テーマを公募しました。

26点の応募があり、実行委員会による審査の結果、大会テーマとなる入賞作品が決定しました。

決定したテーマは、大会ポスターなど大会のPRに使用させていただきます 。

1.入賞作品大会テーマ

「未来へつづけ 五橋とさくら」

2.テーマに込めた想い

錦帯橋とさくらのある岩国の美しい街並みが

これからの子ども達へとずっと続いて欲しいという想いを込めました。

3.入賞者

廣本 理恵さん