紅葉谷公園

momijidani

 

紅葉谷公園は、江戸時代からあったいくつかの寺院跡地を公園化したものです。
昔はこの辺りは「寺谷」と呼ばれ、多くの寺院が集まっていました。現在も「永興寺」「洞泉寺」の2つの寺が残ります。
永興寺の庭園は平成11(1999)年に岩国市の名勝に指定されています。洞泉寺の境内には樹齢300年以上と言われる枝垂れ梅「臥竜の梅」があります。
※洞泉寺、階段をあがり突き当り右手側。

この公園は、常に静かで落ち着いた雰囲気に包まれた風流な公園で、新緑のモミジ、紅葉のモミジともに趣があり、観光客の目を楽しませています。

独立の碑

一勺源頭水作池 流通頼有何全支

一勺源頭水池と作り 流通頼あり何ぞ全く支れん

錦帯橋創建に大きな影響を与えた僧、独立の碑です。
昭和48(1973)年10月に郷土岩国史談会によって建てられ、岩国市に寄贈されました。
独立は、中国の明末期、戦乱を逃れて長崎に至り日本に帰化した人で、藩主吉川広嘉の知遇を受けました。
広嘉との交流は、広嘉が持病の治療のため侍医を通じて療法を尋ねたことに始まります。
広嘉の招聘により、寛文4~9(1664〜1669)年にかけて4回にわたって来岩し、医学、学芸、思想など、多方面において岩国文化の向上発展に大きな影響を与えました。

碑文は、独立が詠んだ詩の一節で、自然の偉大さ、永久不変さを一勺の水にみたものです。

【所在地】〒741-0081 岩国市横山

紅葉谷公園からロープウエー山頂駅までの登山道を、自転車、オートバイ、自動車、電動一輪車などで通行することは禁止しております。
(関係車両、緊急車両は除きます)

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • ぎゅっと岩国2018秋・冬号ぎゅっと岩国2018秋・冬号 ※このページは岩国観光プロモーション戦略協議会発行のパンフレット『ぎゅっと岩国2018秋・冬号~岩国の秋冬のホッとな思い出づくり。岩国の多彩な魅力をご紹介』をもとに制作しました。 ↓気になる施 […]
  • 令和2年度「錦川水の祭典」花火大会の中止について令和2年度「錦川水の祭典」花火大会の中止について  「錦川水の祭典」花火大会は、例年8月第1土曜日に開催し、12万人の方に訪れていただいております。開催に際しては、多くの人員による警備態勢の下、観覧客の安全確保を図っております。  令和2年(2020年)は、同時 […]
  • 祝 文化勲章受章 澄川喜一先生の作品に会いに行こう祝 文化勲章受章 澄川喜一先生の作品に会いに行こう 岩国市名誉市民で彫刻家の澄川喜一さんが、2020年度の文化勲章受章者として選ばれました。 「東京スカイツリー©」のデザイン監修を務められたことでも有名な 岩国市名誉市民・岩国市観光大使である澄川喜一先生。 & […]
  • 岩国市観光交流所「本家 松がね」岩国市観光交流所「本家 松がね」 「岩国観光交流所 本家 松がね」 ※近隣私有地への無断駐車はご遠慮ください。₍錦帯橋下河原駐車場等をご利用ください) ★岩国市観光交流所「本家 […]
  • ぎゅっと岩国2018春・夏号 桜+花の散策ぎゅっと岩国2018春・夏号 桜+花の散策 錦帯橋周辺では、隣接する吉香公園と合わせると数千本の桜が咲き誇ります。 夜にはライトアップされ、また違った錦帯橋と桜のコラボレーションが楽しめます。 ●桜の見頃時期/3月下旬~4月上旬 ●桜についてのお問合せ […]
  • 長州を救った 吉川経幹(きっかわ つねまさ)長州を救った 吉川経幹(きっかわ つねまさ) 長州に迫る危機  文政12年(1829)9月3日、第11代岩国藩主・吉川経章の子として生まれた経幹は、弘化元年(1844)、16歳で家督を相続した。その3年後の弘化4年(1847)には将来を見据え、文教の重要性か […]