獺祭

sake_dassai昭和23(1948)年1月、旭酒造株式会社によって岩国市周東町の山奥で酒造りが始まりました。
獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げ散らす事を指します。
「酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代」をキャッチフレーズに伝統や手造りという言葉に安住することなく、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そうと、酒名に「獺祭」と命名。
原料の酒米は酒造好適米の王者といわれる「山田錦」しか使っていないというこだわりです。
「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を」を作り続け、今では、世界に知れ渡り、山口県を代表するにとどまらず日本を代表する酒となりました。また、地元岩国市内でも手に入りにくい日本酒とされており、焼酎としても人気を博しています。

旭酒造株式会社
【所在地】〒742-0422 山口県岩国市周東町獺越2167-4
【TEL】0827-86-0120
【HP】https://www.asahishuzo.ne.jp/

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 五橋五橋 製造元の酒井酒造株式会社は明治4(1871)年、清流錦川の伏流軟水に恵まれた、岩国市中津町に蔵を構えました。五橋の名が錦川にかかる五連の反り橋「錦帯橋」に由来するということはいうまでもありません。錦帯橋の優美さを願い心 […]
  • 金冠黒松金冠黒松 製造元は村重酒造株式会社。明治初期創業の名門・森乃井酒造株式会社の伝統を引き継ぎ、昭和34(1959)年に岩国市御庄で創業しました。 黒松は式典、結婚式等お祝い事には必ず飾られた喜びを象徴するもので、初代蔵元が当社の […]
  • 雁木雁木 製造元の八百新酒造株式会社は明治24(1891)年の創業。酒造場は創業時より錦川の河畔にあり、そこは船着き場として、賑わっていました。 「雁木」とは、船着場の階段のある桟橋のことをいい、かつては、酒の原料米は錦川の上 […]
  • 道の駅・ピュアラインにしき道の駅・ピュアラインにしき 錦川の上流、寂地川を源流とする宇佐川と国道187号線(通称ピュアライン)沿いにあり、買い物と食事が楽しめます。 錦川は中国地方有数の清流として知られています。レストランでは鮎料理やこんにゃく、わさび漬けなど、清流の恵 […]
  • 橋の駅 錦帯橋 「展望市場」橋の駅 錦帯橋 「展望市場」 錦帯橋バスセンターの2階、お土産処「展望市場」には、岩国市をはじめ山口県の特産品を取り揃えています。 また、お茶処「錦帯茶屋」では、目の前に錦帯橋を眺めながら、名物の岩国寿司や岩国蓮根麺などを楽しめます。散策の休憩に […]
  • 高森牛高森牛 高森牛が生産される岩国市周東町は明治時代の初期から食肉産業が盛んで、その当時より全国の優良牛を扱っていました。 肉質が良く「高森の肉は美味い」と評判になったのもその頃からです。 この伝統を受け継ぎ、周東町の食肉業者 […]