篤姫も渡った 錦帯橋

bakumatsucolumn2_head

bakumatsucolumn2_nikki大河ドラマで人気を博した「篤姫」。
実は彼女も、鹿児島から江戸への道中、錦帯橋見物を所望したらしい。
嘉永6年(1853)9月11日の「御用所日記」には、このときのやりとりが記録されている。

強行突破した姫

 薩摩藩主・島津斉彬の御姫様(篤姫)が、将軍徳川家定に嫁ぐために江戸へ上る途中のこと。岩国の城下町へ回り道をして、ぜひ錦帯橋を見物したいと、使者をつかわしてきた。
 岩国藩は「橋は破損している部分もあり、御通行はお断りします。船で通って見物することはできます」と回答した。
 しかし、篤姫は再び使者を通じて、「近年、主人(島津斉彬)が通行した時には許可を出しているでしょう。先例にならって許可を出せないのですか」と尋ねた。
 役人は藩に相談するため「時間をください」と使者に伝え、とりあえず船で見物してもらうことを篤姫に伝えた。しかし、それで諦める篤姫ではなかった。
 結局、藩の役所には、「御姫様が橋に押しかけられ、色々お断りしたのですが、御通行されました」との報告が上がってきた。
 許可が下りる前に渡ってしまうとは、篤姫の豪胆でまっすぐな性格が現れたエピソードである。
 山陽道から外れた場所にもかかわらず、篤姫もわざわざ足を運んで強引に渡る。それほど、錦帯橋の美しさは当時の人々に評判だったことがうかがえる。

天璋院 篤姫 (てんしょういんあつひめ)

天保6年(1836)12月19日(2月5日)~明治16年(1883)11月20日。薩摩藩島津忠剛の長女として生まれる。嘉永6年(1853)、薩摩藩主島津斉彬の養女となる。安政3年(1856)、近衛忠熙の養女となり、同年11月、第13代将軍徳川家定に嫁ぐ。

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 碑に刻まれた 少年史碑に刻まれた 少年史 四境戦争が休戦となってもなお国境、岩国の緊張は続いた。 そして、少年たちに悲劇は起きた。 少年たちの訓練  第二次長州出兵(四境戦争)が休戦となった後の慶応2年(1866)11月18日、あと1年ほどで明治を迎 […]
  • たった2年の 偉大な学校 岩国英国語学所たった2年の 偉大な学校 岩国英国語学所 藩主の英断  新たな時代の幕開け、明治4年(1871)、岩国藩は人材育成の重要性から、藩校養老館の精神を引き継ぐ藩立岩国学校を開設した。小学、中学に加え語学、女学、医学を備える先駆的な体制だった。しかし、問題が一 […]
  • 第三代奇兵隊総督 赤禰武人(あかね たけと)第三代奇兵隊総督 赤禰武人(あかね たけと) 柱島(岩国市)に生まれ、月性、松陰に学び、その才は高く評価された。 奇兵隊総督になったのも、その才と人望によるもの。しかし・・・ 晋作との対立、処刑、復権運動の顛末。その悲劇の真相とは? 柱島に生まれて   […]
  • 岩国の志士、東沢瀉(ひがし たくしゃ)岩国の志士、東沢瀉(ひがし たくしゃ) 陽明学を学び、尊皇攘夷の情熱に突き動かされて行動し、獄に繋がれた。 その獄中にあっても、子弟に教育を施した。 まるで吉田松陰のような人物が、幕末の岩国にもいたことを知る人は少ない。 その名は東沢瀉。「西の松陰 […]
  • 岩国藩の活躍と悲願成就岩国藩の活躍と悲願成就 明治維新を成した長州藩の輝かしい活躍の陰で、岩国は長州藩の危機を救った。 それは家格の復活を遂げたい吉川家再興の物語でもある。 家格の問題 幕末から遡ることおよそ250年、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いか […]
  • 松陰の兄、杉梅太郎(民治)松陰の兄、杉梅太郎(民治) 激情家で実践派の弟と、温和で慎重派の兄。この二人は大変仲が良かったという。 弟の維新の志が成就した後、兄は民の暮らしに役立つ数々の仕事を成した。 山代(岩国市北部・本郷・錦・美川・美和 […]