中津居館跡

中津居館跡(なかづきょかんあと)は14世紀頃に岩国地域を治めた有力者が築いたとみられる居館の跡です。
居館とは、有力者が住んだ屋敷のことで、居館の内部には、住居以外に政治を行う施設や客人を迎える施設などが設けられました。
また、これらの施設を囲む土塁(どるい)と、土塁の外に堀を設けて、容易に居館内に近づけないようにしていました。
現地には幅15~20メートルの土塁の基底部が、東西約120~140メートル、南北約130~170メートルにわたって残っています。
当時の居館の規模は館主の社会的地位に制約されましたが、中津居館跡の規模は守護大名大内氏の居館(山口市)に匹敵する規模があり、大変規模の大きい居館ということができます。
岩国市教育委員会は、2008~2010(平成20~22)年度に中津居館跡の発掘調査を行いました。発掘調査の結果、居館の内部で、大型の掘立総柱建物跡や土師器(はじき)を大量に埋めた一括廃棄土坑(いっかつはいきどこう)などが発見され、地下の遺跡が良好な状態で保存されていることが確認されました。
また、土塁の断ち割り調査によって、特長的な土塁の構造が明らかになりました。

【所在地】〒740-0028 山口県岩国市楠町3丁目内

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 岩国の歴史岩国の歴史 岩国城と錦帯橋 錦帯橋はなぜできたのか。 錦帯橋はどのような歴史をたどってきたのか。 世界にも稀な木造アーチ橋の真の素晴らしさは、その美観や精巧さだけではなく、建築の由来、300年前から代々続く技術の伝承にも見い […]
  • 岩国市観光交流所「本家 松がね」岩国市観光交流所「本家 松がね」 「岩国観光交流所 本家 松がね」 ★岩国市観光交流所「本家 […]
  • 二鹿(ふたしか)の滝二鹿(ふたしか)の滝   平安時代、朱雀(すざく)天皇の頃、京都・比叡山に2つの頭を持つ凶暴な鹿がおり、人々を苦しめていました。 そこで天皇と摂政は、梅津中将清景にこの悪い鹿を征伐するよう命じました。鹿は逃げ出して野を走り山 […]
  • 五橋文庫五橋文庫   「五橋文庫」は、書や画、篆刻(てんこく)などで秀でた才能を発揮した文人の小林雲道人(こばやし・うんどうにん)の作品などを展示する美術館です。予約をすれば篆刻体験もできます。   […]
  • 地底王国美川ムーバレー地底王国美川ムーバレー タングステン鉱山の跡地が神秘的な地底の王国として生まれ変わりました。 カンテラの明かりに導かれ闇の世界へ足を踏み込むと、そこにはもう古代インカや伝説のムー大陸の世界が広がります。 立ちはだかる兵士の巨像や壁画の回廊 […]
  • 岩国美術館(柏原コレクション)岩国美術館(柏原コレクション) 全国でも例の少ない古武具の展示館として有名な岩国美術館。場所は岩国城ロープウエー山麓駅前にあります。 奈良時代から江戸時代までの陶磁器・ガラス工芸品、書画、甲冑、刀剣、陣羽織、馬具など約6,000点を所蔵し、 […]