中津居館跡

中津居館跡(なかづきょかんあと)は14世紀頃に岩国地域を治めた有力者が築いたとみられる居館の跡です。
居館とは、有力者が住んだ屋敷のことで、居館の内部には、住居以外に政治を行う施設や客人を迎える施設などが設けられました。
また、これらの施設を囲む土塁(どるい)と、土塁の外に堀を設けて、容易に居館内に近づけないようにしていました。
現地には幅15~20メートルの土塁の基底部が、東西約120~140メートル、南北約130~170メートルにわたって残っています。
当時の居館の規模は館主の社会的地位に制約されましたが、中津居館跡の規模は守護大名大内氏の居館(山口市)に匹敵する規模があり、大変規模の大きい居館ということができます。
岩国市教育委員会は、2008~2010(平成20~22)年度に中津居館跡の発掘調査を行いました。発掘調査の結果、居館の内部で、大型の掘立総柱建物跡や土師器(はじき)を大量に埋めた一括廃棄土坑(いっかつはいきどこう)などが発見され、地下の遺跡が良好な状態で保存されていることが確認されました。
また、土塁の断ち割り調査によって、特長的な土塁の構造が明らかになりました。

【所在地】〒740-0028 山口県岩国市楠町3丁目内

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 岩国美術館(柏原コレクション)岩国美術館(柏原コレクション) 全国でも例の少ない古武具の展示館として有名な岩国美術館。場所は岩国城ロープウエー山麓駅前にあります。 奈良時代から江戸時代までの陶磁器・ガラス工芸品、書画、甲冑、刀剣、陣羽織、馬具など約6,000点を所蔵し、八曲半双 […]
  • 芥川龍之介父子の碑芥川龍之介父子の碑 昭和62(1987)年に、作家・芥川龍之介の父系である新原家の菩提寺・真教寺に造られました。 碑文の「本是山中人」(もとこれさんちゅうのひと)という文は、龍之介の出世作、羅生門の出版祝賀会のとき会場主に書いて渡したも […]
  • 吉川史料館吉川史料館 吉川史料館(昌明館) 国宝【太刀 銘為次(狐ヶ崎)】 国指定 重要文化財 書跡【吉川元春筆 太平記】 国指定 重要文化財 […]
  • 地底王国美川ムーバレー地底王国美川ムーバレー タングステン鉱山の跡地が神秘的な地底の王国として生まれ変わりました。 カンテラの明かりに導かれ闇の世界へ足を踏み込むと、そこにはもう古代インカや伝説のムー大陸の世界が広がります。 立ちはだかる兵士の巨像や壁画の回廊 […]
  • 旧目加田(めかた)家住宅旧目加田(めかた)家住宅 目加田家は、天正年間に吉川元春(きっかわもとはる)に召し抱えられ、その後、吉川家が岩国に移封された際に藩主広家に従い、この地に居を構えた家系です。 旧目加田家住宅は、18世紀中頃と見られる中級武家屋敷の数少ない遺構と […]
  • 吉川家墓所(きっかわけぼしょ)吉川家墓所(きっかわけぼしょ)   岩国吉川(きっかわ)家初代広家(ひろいえ)から、6代経永(つねなが)を除く12代経幹(つねまさ)までの当主及び一族の墓が、51基立ち並んでいます。 常に濃い緑に囲まれた墓所は、静けさに包ま […]