国穏寺(こくおんじ)

kokuonji山代神威隊の屯所が置かれた場所です。
高杉晋作の決起によって藩政が武備恭順に変わり、藩内で諸隊が結成されました。
山代では神官による諸隊を結成。
その一つ神威隊は芸州口の戦いで幕軍を退ける活躍をしました。

【所在地】〒740-0604 山口県岩国市本郷町宇塚420

関連スポット・トピックス Spot of relation

  • 小瀬砲台跡(おぜほうだいあと)小瀬砲台跡(おぜほうだいあと) 小瀬川をはさんで、安芸国(現広島県)との国境地帯となる小瀬には、防御のため、多くの砲台が築かれました。 また、岩国へ入る山陽道の関門周辺には、防御のための大きな柵や隠れて射撃するための隠し道なども造られました。 […]
  • 昌明館(しょうめいかん)昌明館(しょうめいかん) 寛政5(1793)年6月に岩国7代領主吉川経倫(きっかわつねとも)の隠居所として建造。 廃藩置県の際、岩国県庁が置かれ、岩国の政治の拠点となりました。 現在は、18世紀末頃の建築様式を留めた長屋二棟門一棟が残され、 […]
  • 三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ)三士誠忠の碑(さんしせいちゅうのひ) 明治25(1892)年に旧岩国藩公と藩の有志により吉香神社内に建てられた、岩国三士(栗栖天山(くりすてんざん)・南部五竹(なんぶごちく)・東沢瀉(ひがしたくしゃ))の活躍を伝える碑です。 天山は沢瀉と必死組(後に精義 […]
  • 普済寺(ふさいじ)普済寺(ふさいじ) 陸軍元帥長谷川好道(はせがわよしみち)の父で、幕末には一隊を組織し維新の勲功者として顕彰された長谷川藤次郎(はせがわとうじろう)の墓があります。 また、「岩国名物、錦帯橋と宇野金太郎」と称された剣豪の墓など、幕末の岩 […]
  • 沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち)沢瀉塾の跡地(たくしゃじゅくのあとち) 岩国三士の一人、東沢瀉(ひがしたくしゃ)が後進の指導のために開いた塾の跡地です。 現在、跡地には記念館が建てられ、当時の学舎などの位置図が掲示されています。 かつては5つの学舎や講堂、沢瀉の自宅が立ち並び、多くの学 […]
  • 通化寺(つうけいじ)通化寺(つうけいじ) 慶応元(1865)年より、幕府軍による征長に備え、東境の守りの要として遊撃隊の本陣がおかれました。 境内には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑などがあります。 また、庭は雪舟作と伝えられます。 【所在地】〒742 […]